雑記

社交辞令を言ったら振られた話

ひとりごと

相手に合わせて相槌をうっただけなのに、自分がすごい気まずい感じになったということありませんか。

なんとなく苦手な方がいて私から声をかけることはあまりない方がいます。

Twitterのビリヤード界では、今度球撞きに行きましょうとか、挨拶させてくださいとか、やたら顔を合わせたがる方が多い。

(挨拶って会えばするもので、挨拶するために行くものでもないような…)

あるとき言われたのがこれ。

「機会があったらビリヤードしましょう。」

そういわれたので、社交辞令で

「是非是非。声かけてくださいね。」

みたいな感じだったと思うのですが、返事をしたところ次のように返ってきました。

「私は妻がいるので、周りの目があるので、皆さんと集まったりしたときに声かけてください。」

みたいな。

Kazue
Kazue
妻帯者のおっさんに興味はねーよ

どんな誤解だよと思ったのがこの話です。

途中の記憶が抜けているのは、私にとってどうでもいいことだったんだろうな…。

ちなみにこの人、女性と二人でビリヤードされていたので、たぶん私と会いたくないんでしょうね。私の言葉がマジじゃないかと心配して、上記のように言ったんだと思います。

Kazue
Kazue
私、だれかれ構わずビリヤードしないから。
ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! 週4~5日のペースでビリヤード場に通うほど熱中しています。レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。