ビリヤードのはじめ方

【9カ月目報告】前向きな兆しが見えてきた たくさん相撞きした

9カ月目報告

元号が平成から令和に代わり早2カ月。2019年もあっという間に半年が過ぎてしまいましたね。

Kazueがビリヤードを始めたのは、2018年9月末。ついに9カ月が経過しました。

ビリヤードを始めた頃は、まだキューの持ち方もおぼつかなかったのですが、今ではスッと構えられるようになりました。

ということで、今回は

  1. 1カ月目と9カ月目はどこが違うのか
  2. 今抱えている課題について
  3. 気持の変化について

の3つを軸にレポートをまとめてみました。

ビリヤードの練習をしているけれど、なかなかうまくならないなと感じている方、続けるとどのような変化があるのか知りたい方、ちょっと辛いなと感じている方に読んでいただきたいです。

ビリヤード もやもや期について

なんとなく調子がいいなぁ、今日は悪いなぁ・・・そんな小さな波を繰り返していました。

これまでの調子の良さをグラフに表したらどこだろう?

たぶん今、落ちたところから回復途中の真ん中あたりかなぁなんて漠然と考えています。

もやもや期はずっと続いていて、いくら練習しても何か身についた感覚がない。

そして、なんだか途中で飽きてしまったり、集中力が切れてしまったり…。

なんだかすっきりしない気持ちでした。

そんな私は6月は、7割くらいはセンターショットの練習をしていました。

入手したもの

樹脂タップ(ブレイクキューのタップ)

タップ ポリカーボネイトタップ クリア ジャンプ&ブレイク

私が購入したのは、ポリカーボネイトタップのクリア。透明でキラキラして綺麗。

磨かないとちょっとくすんでいるみたい。

1カ月の練習時間は44時間

8カ月もフル活動していたので、たまにはお休みもいいよね。

休みたいなって思ったので、6月はそこそこお休みしました。

身体は少し楽になったかな。

ちなみに、レッスンは4時間、大阪のイベントで5~6時間くらいでしょうか。

1カ月でできるようになったこと

センターショットの精度が急にあがったこと。

自分の見え方が少しわかってきたのと、キューの出し方もちょっと覚えてきました。

これまで10球中2個くらいだったセンターショットが、10球中6~7個平均して入れられるようになりました。

とはいっても、まだ微妙な押し引きがかかってしまって、ピタ止めができないけれど上出来じゃないかな。

あともう一つ。大阪でビリヤード体験レッスン会を開催したのですが、その時に元廣プロにスタンスを見ていただきました。

左足の位置を変えただけで、懐が広くなったり腕を振りやすくなりました!

Willie
女性も安心!大阪でビリヤードのレッスンはWillie(ウィリー)大阪(庄内)にあるビリヤード教室Willie。ビリヤード未経験者から上級者まで受講が可能です。友達同士やカップルで始められる方も多数いらっしゃいます。...

練習メニュー

  1. センターショット
  2. ブレイクショットの体重移動
  3. 9ボールを最後までやりきる

センターショットが少しずつ入るようになってきたので、ちょっと楽しくなって続けていると簡単に1時間くらい経過してしまっていることが多く。

Twitterでもしばしば話を聞くのですが、センターショットも球の置く位置を変更したり、押したり引いたりというバリエーションを加えると幅が広がります。

ただこれ。私はなんでもかんでも全部やっているわけではありません。

センターショットの押し引きの練習は、ポケットに平均で8/10球中入れられるようになってからだなと思っています。

自分のレベルにあった練習をして、少しずつ難易度やバリエーションを増やしていくとよいのかなと思います。

Kazue
Kazue
よく、上級者向けの練習をひたすらしている初心者(ビギナー)を見かけます。たまにはいいかもしれませんが、基礎が定着していないのに難易度が高すぎる練習をしても、変な癖がついたりしてしまいます。極端な例ですが、幼稚園児が漢字検定1級の勉強をするようなものかな。何人かに1人は成功する人もいるけれど、大概の人は無理じゃないかな。

1カ月目と9カ月目の違い

私の1カ月目というと、このような形でした。

1ヶ月目の報告
【1カ月目報告】ビリヤードを0から始めた総練習量と習熟度についてこんにちは!ビリヤードを始めて1カ月の kazue(@zue201702) です。 ビリヤードを始めてから1カ月が経ちました。無我...

キューをはじめて持って、ふる練習をしていました。

1カ月くらいはほぼ、この動画にあるように球2個分の幅でバンキングの練習をしていました。


今は?というと、バンキングで1.5往復と2ポイントくらい球を転がせるようになりました。(注:テーブルのコンディションにもよる)

 

ビリヤード C級 Kazueの感想

6月は大阪遠征をして充実しつつもちょっとハードスケジュールでした。

ココカラダの丸山社長、石井社長、Just do itの谷崎社長とお会いする機会をいただいたり、BROのオーナーさんや某球屋のオーナーさん、河原プロに会えたり。

充実。仕事に行きたくなくなっちゃうね。

楽しかったこと

大阪遠征!久保田プロ、元廣プロに大変お世話になりました。

私のつたない企画のイベントだったのに、協力していただいて本当に感謝でした。

イベントの様子は「【大阪開催】ビリヤード 体験レッスン & オフ会 in Willie」をご覧いただければと思います。

WEB CUESさんにも寄稿しました。みんなが初対面!ビリヤード交流会 in 大阪

難しかったこと

ブレイクがまだまだ決まらず。体重移動をしない方がパワーはないけれど、なんとか穴に入るんじゃないかなぁという肌感覚が合って。

練習の時は、体重移動を頑張っているけれど、誰かと相撞きをするときは腕だけでやっています。

ブレイクキューに変更してから、断然ブレイクのやりやすさ(腕の振りやすさ)が変わりました。最初はビギナーキューをブレイク用に使うのはいいですが、やはり用途が違うので早い段階でブレイクキューをしようすることをおすすめします。

一番最初は安いブレイクキューみつけてくればいいんじゃないかな。って、いまどれもかなり高いですよね。

ちなみにブレイクキューの有名どころは、mezzの魁と、プレデターのBK RUSHです。

苦しかったこと

練習した成果がまったくといったいいほど出ていないことです。

だから、始めたばかりのころの自分の動画を何度も繰り返し見ていました。

成長したんだっていう安心感のために。

それと、自称ビギナーの歴長い人の存在にイラっとすることもありました。

相撞きばかりしていた

ここ最近はずっと相撞きばかりしていました。

球友さんができたので、一緒にビリヤードをすることが増えました。

毎週のように誰かとビリヤードをしましたし、大阪でいろいろな人と遊んだりもしました。

だんだん人に慣れてきたのはいいこと。

ただ、その反面、1人練習の時間が劇的に減ってしまって、思うように復習の時間がとれませんでした。それが反省点。

 

ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! 週4~5日のペースでビリヤード場に通うほど熱中しています。レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。