ルール

ビリヤード初心者におススメ!遊びやすい8ボール

ビリヤードガイド

複数人で遊ぶのにおすすめなエイトボール。欧米では9ボールよりも8ボールの方が人気だったりします。8ボールの遊び方について解説していきます。

エイトボールの流れ

縞々になっているボールをストライプ(ハイボール)、それ以外はカラーボール(ローボール)と呼びます。

  1. バンキング(もしくはジャンケン)で順番を決める
  2. ブレイクショットの後にポケットしたボールが持ち球になる。(ブレイクショットで入れた球は含まない)
  3. 1番~7番、9番~14番、それぞれ自分のボールをすべてポケットした後、8番を狙う権利を得る
  4. 自分のグループボールであればどれを狙っても可

エイトボールの手順

1.バンキングでブレイクの順番を決める。

2.ラックを組む

エイトボールのラック

ボールは14個使用し、三角のラックでセットします。
先頭の球(三角形の先の部分)がフットスポット(黒丸のシールが貼られているところ)の上に乗るようにします。
ボールの並びは、中心に8番、最後列の左右にローボール・ハイボールをそれぞれセット。

3.ブレイクショット

ラックの真正面、センタースポットに手球(白い球)をセットします。
ラックの先頭の球に手球が当たるように撞きます。
ブレイクでポケットに球を1つでもポケットできたら引続きブレイクした人のターンです。
ブレイクがノーイン(球がポケットに1つも入らなかった場合)だった場合は、相手のターンになります。

この時点では自分のグループボール(狙う球)は決まっていません。

4.ブレイク後の配置を見て、ローボールかハイボールか決める

ブレイクショットの後のターンでポケットした球が自分のグループボールになります。例えば、1番を入れたらグループボールはローボール(1~7番)、10番を入れたらグループボールはハイボール(9番~16番)になります。

5.自分のグループボールを狙う

4で決まった自分のボールを狙います。ミス(球をポケットできなかった場合)はターンが変わります。
この時に、間違えて相手の球を狙ってしまったり、手玉が最初に相手の球に当たってしまった場合、ファールになります。

6.最後に8番を狙うポケットを指定してから8番を狙う

自分のグループボール7個を落としたら、8番を狙うことができます。8番はコールショットなので、どこのポケットに入れるか宣言してから入れましょう。自分が狙ったポケット以外の所に8番が入ってしまったら負けです。

ファールについて

■自分のグループボールを落とす前に8番を入れたら負け

■相手のボールを狙ったり、最初に手球が当たった場合はファール

■コールしたポケット以外のポケットに8番が入ったら負け

その他、ビリヤードのファールについてはこちらを参照ください。

スピードプール(8ボールについて)

先日、BAGUS所属プロ5名とじゅんいちダビッドソンさんでスピードプール(8ボール)のギネスチャレンジがありました。その時のルールについて、下記のページにまとめてあるのでご覧ください。
※通常の8ボールのルールと少々違います。

BAGUS ギネスチャレンジ
じゅんいちダビッドソンとBAGUS所属プロによる【ビリヤード・ギネス世界記録チャレンジ】を観戦BAGUSで開催されたエイトボールのスピードを競う、ビリヤード ギネス挑戦を観戦しに行きました。BAGUSに所属のプロプレイヤー(西尾・赤狩山・塙・渡辺・東條)他、じゅんいちダビッドソン氏赤坂氏が参加されました。...
ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。 【お願い】初心者向けのレッスン・サークル・ビリヤード場など取材を行っています。是非、紹介してほしい! というかたは、ご連絡いただけますと幸いです。