ビリヤードのはじめ方

初めの練習はバンキング|0から始めたkazueのビリヤード練習法

ビリヤードをはじめて11カ月目に突入したkazue(@kazue201702)です。

どのような練習をしているのか?と聞かれることがあったので紹介します。ビリヤードを0から始めたばかりの方におススメの練習方法です。

参考になれば幸いです。

最初の3週間はバンキングのみ

私がビリヤードを教えてもらった時に最初にしたことが、今回紹介するバンキングです。

誰に聞いても、どんな人でも、一番最初に教える練習ではないかなと思います。

私は初めてキューを握ってから3週間くらい、自主練はこれだけでした。その方法について紹介していきます。

私の一番最初のビリヤードの感想は、「【レッスン1】勝手が分からない!初めてのビリヤード レッスンを1人で受講してきた」をご覧ください。

バンキングとは?

【英】banking:バンキング

【意味】試合の最初にブレイクの選択権を懸けて行われるもの。短クッションにプレイヤー2人がならんで、反対側のクッションに当てて、戻ってきたボール(2往復等も有効)が手前のクッションに近かったプレイヤーが選択権を得る。ただし、ロングライン(バンキングの際だと、相手が撞いている側と自分側を区切る中心に想定する線)を超えた場合は負けとなる。

通常は自らのブレイクを選ぶが、14-1ラックやワンポケットのようにセーフティから始めることが多い種目では相手にブレイクさせることを選ぶのが一般的。

出典元:バンキング(ビリヲカ)

ビリヤードはゲームを始めるときに、先攻後攻を決めるために「バンキング」をします。

プレイヤーが二人並んで、カラーボールを撞いている姿を見たことがあるかたもいるのではないでしょうか。

この1つの球をまっすぐ撞いて往復させることです。

私は、バンキングと呼ばれるテーブル内の端から端までを往復させる練習をはじめにしていました。

バンキング練習の目的は?

  1. 構え方(フォーム)を覚える
  2. 球の撞き方を覚える
  3. 感覚を磨く
  4. 慣れる

練習で得られる効果はいくつもありますが、ここでは0の状態だという前提で、まず何を得るために練習するのか?という観点で説明させていただきます。

他にどんな効果があるのかな?というのは自身で実際に体験して考えてみてくださいね。

バンキング練習の方法

  1. フットレール側に的球2個を球2つ分開けて設置
  2. ヘッドレール側にチョークを球2つ分開けて設置
  3. ヘッドスポットに手球を設置
  4. 的球に触れないように、まっすぐ撞く

では具体的な設置方法について、写真で紹介しますね。

1.フットレール側に的球2個を球2つ分開けて設置

球を4つ並べます。上記の写真ですと9番と10番の間がテーブルの真ん中になるように設置します。
※番号が見えにくくてごめんなさい。

真ん中の球を2個外すと、ちょうど2個分の幅になります。

この1番と5番の間に手球(白い球)を通すイメージです。

2.ヘッドレール側にチョークを球2つ分開けて設置

ヘッドレール側にも球2つ分の幅が分かりやすいようにチョークを置きましょう。

Kazue
Kazue
的球を置いてもいいのですが、ヘッドレール側から撞くので手前に球があると撞きにくいです。チョークだと邪魔にならないので、チョークつかっちゃいましょう。

3.ヘッドスポットに手球を置きます

ヘッドスポットに手球を置きます。もし撞きにくければ、前後に動かしても構いません。

但し、必ず短クッションの真ん中になるように置きましょう。

4.的球に触れないように、まっすぐ撞く

1で設置した的球に当たらないように、3の手球を撞きます。

ポイント

はじめは、

  • 手球が的球に当たってしまう
  • 手球がフットレールまで届かない
  • フットレールで止まってしまった
  • 戻ってきたけれどとても曲がっていた

などなど、球2つ分の幅の中で往復させることは難しいでしょう。

私も、最初は手球が届かなかったり、的球に当たってしまったりという状態でした。

そういう状況の中繰り返し続けるのは、飽きてしまったりつまらないなって感じてしまうかもしれません。

私は初めから短クッション側で練習をしましたが、難しいと感じるときには長クッション側から撞くなど距離を短くアレンジしてみるとよいかもしれません。

 

Kazue
Kazue
私は球を撞くだけで楽しかったので、飽きるどころか夢中で球を撞いていました。

3カ月くらいは毎回練習

昨年9末にはじめて12月ごろまで、練習時に必ずこの練習をしていました。そのため、初試合にでたときも、バンキングができなくて恥ずかしい…ということはありませんでした。

Kazue
Kazue
大幅に球が曲がっていたら、恥ずかしいですよね。

練習メニューも増えたので、今年に入ってからはこの練習がおろそかになっていたのですが、7月に球を少し休んでいた後に再開したときに初心に戻って練習をしたところ、新しい課題や細かいところが気になるようになりました。

レベルによって同じ練習でも見方も求める成果・レベルも変わってきます。

だから、ゆるーくながーくこの練習を続けると、また違った課題だったり成長したところが分かるようになりますよ。

ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! 週4~5日のペースでビリヤード場に通うほど熱中しています。レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。