Kazueの日記

相撞きを断らないのが当たり前?

先日、Twitterのタイムライン上で「相撞きを断らないのが当たり前だと思っていた。」というtweetをみて震えあがった。

 

当たり前?

 

断らないのが当たり前??

 

 

自分の信念として、「断らないようにしている。」とかならわかる。

相撞きは断らないものだと思っていたとかならわかる。

でも、相撞きを断らないのが当たり前って……。

ちょっと、自分の価値観押し付けすぎじゃないですか??と思っちゃった私です。

Kazue
Kazue
1人練習したいことの方が多いのでしばしば私断ります。そもそも、そんなに声をかけられないけれど…

相撞き断らないのが当たり前と考えているということは、断ることを「とんでもない」ことだと思っているのだと思うのね、意識していなくても。

OKするのもNGだすのも、選択権は誰にでも平等にあってしかり。

で、よくある「1人だから可哀そう問題」とか、「1人だからつまらない論」とか、「1人練習できなくてやたら相撞きしまくるやつ論」だとかそういうのにつながっていくのかなぁなんて思った。

しばしば聞く話ですが、申し訳ないと思って相撞きを断れずにストレスがたまるという人も時々見かけます。

ビリヤードの考え方も、姿勢も、何をしようとしているのかも人それぞれ違ってそれでいいと思います。

一人で自分の課題を解決するために淡々と練習するのも良い。相撞きをすると時間がとられちゃいますよね。まさか帰らなければならない時間だからと言って中断するってわけにもいかなかったり。

週5日2時間ずつ撞いている人の1時間と、週1~2回1時間撞く人の1時間の重さって結構違うと思うんですね。

時間がたくさんある人は利用できる時間も多いだろうし、時間が少ない人ならば、その1回を相撞きにつかったら自主練の時間が0になってしまうこともありますよね。

他にも、自分よりも上手な人と撞きたいとかいう方針を持っている方もいるし。断られたからってその人に対して何か思っているわけではなくて、単純にタイミングが合わなかっただけなのだと思います。

相手への配慮とか思いやりとか必要じゃないのかな。

何回も断られて1回くらいいいじゃないかと思ったのかもしれないですけれどね。

私がもし相撞きを断ったときに、「断らないのが当たり前だと思った。」と言われたら、たぶん距離置くかなぁと思う。断った人のことを否定する言葉だから。

で私の話。私は1人でビリヤードして楽しい人なので、そもそも価値観が違うのです。毎日何時間も撞く人たちとは違うので、限られた時間は練習に当てて。余裕があるときは、相撞きさせていただいたりしています。

わかります?週1回しかビリヤードしないと、1回を相撞きに使うと自主練習がまるっと2週間できない状況になるんですよね。

1人で楽しいものは楽しい。人に気を使わなくていいし、帰りたくなったらすぐ帰れるから楽。

試合にでて楽しむひともいれば、相撞きをして楽しむ人もいる、1人で楽しむ人もいる。楽しみ方は人間の数だけあっていいのに、なんで自分の楽しさばっかり主張するんだろうね?

そういう楽しみ方もあるね それもいいよね ってなんで言ってあげられないのかな。っていつも思う。

時々、1人が楽しいって呟くと、もぐらたたきみたいな状態になるんだよね。楽しいからビリヤード続いているし、何にも困っていないのに、勝手に「かわいそう」とか「つまらない」とか決めつけられるのホント気分が悪い。

人それぞれだわ。

補足しますが、私が感じたことを書いていて、特定の誰かを非難するつもりもないので、いちいち『誰のことか?』とか無粋なことはやめてね。しばしばいるんですけど、ウザいです。自分のことだと思っている方、自意識過剰です。
Kazue
Kazue
相撞きは時々しますし、相撞きを否定しておりませんので誤解ないよう。

 

ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! 週4~5日のペースでビリヤード場に通うほど熱中しています。レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。