入門日記

【レッスン11】サイドポケットに左側から球入れる

kazueのレッスン記録

そろそろレッスン記録をつけるのが恥ずかしくなってきた kazue です。

こんなことしているんだなってイメージがわいたらいいなぁと思ってアウトプットとして記録していたのですが、私の情報が駄々洩れなことを今更ながら……。

とはいえ、書くと決めたので、自分で初心者卒業した! と思うまでは入門記を書いていきます。

ポケットの左側が苦手な位置


先日公開したこれ。この1~2週間くらいこの練習をしています。

サイドポケットの左側から入れることが苦手です。

いつも、同じ位置に球が転がります。

Kazue
Kazue
まっすぐ撞けているのになんでだろう?

この原因は、目の錯覚によるものでした。

盲点:人の視覚は不完全

目には盲点があります。見えない部分を補う機能があるそうです。

説明するのが難しいので、興味がある方はこちらを読んでみてください。

最初に見た景色と、上体を低くしたときに見える景色が違うので、低い位置から見た真ん中が、実は真ん中ではなかったという状況でした。

Kazue
Kazue
私が構えた場所を、反対側から見たら曲がっていました。

最初にせっかく方向を決めたのに、低い位置から手球を見たときに「真ん中ではなかった!」と思ってもさもさ位置を微調整していました。

それダメなんだって!

せっかく位置があっていたのに、私はそれで撞く方向がずれてしまっていました。ゆえに、同じ位置に着地していたわけです。

目が錯覚している。

立ち位置からしっかり方向を見定める

最初に決めた方向を信じてぶらさないようにすること。

これが私の解決方法でした。

タップの先が球の左側の方に見えるから、なんだか気持ち悪い…。

この感覚を覚えるのに、毎日繰り返し練習をすることにしました。

9ボールの練習

先生と一緒に9ボールの練習。ペアマッチの想定で練習をしました。

ファールがイマイチあやふやなので、都度都度教えてもらったり。

おぼえたこと

ノークッションファール

若干心にゆとりができた

教えてもらいながら練習したので、少し心にゆとりができました。

何も分からない状態よりもずっと良い! イベント前に安心することができました。

ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! 週4~5日のペースでビリヤード場に通うほど熱中しています。レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。