入門日記

【レッスン4】引き球と押し球を習いました

ビリアード

今日のレッスンで引き球を習いました!

引き球というのは、手玉が的球に当たった後に戻ってくること。手球をついたときに逆回転がかかっていると、的球に当たった後にその回転通りに戻ってきます。(上手に動画が撮れたらUPしますね!)

引き球の復習を兼ねてまとめました。

【引き球】手球の下のほうを撞くと戻ってくる

先生「どうして球が戻ってくるか進むかわかる?」
私「球の上のほうを撞くか、下のほうを撞くか?」

ビリヤードは、基本的には手球を撞いて的球をポケットに落とします。

ある手球、仮に1番をポケットに落としました。次の2番の的球をポケットに落としたいです。

その時に、1番を落とした後、2番の的球を狙いやすい場所に手球を誘導したいですよね。

そんなときに、引き球を使います。

Kazue
Kazue
次の的球を落としやすい位置に手球を置きたいですね!

【押し球】手球の上部を撞くとそのまますすむ

押し球は、そもそも前進回転なので引き球より難しくはありません。自然の原理ですね。

引き球の練習をすれば、押し球もスムーズになるようです。

チョーク忘れないでね

キューの淵のほうに入念にチョークを塗ったほうがよいです。

押し球も引き球も手球の端を撞くので、淵のほうに当たるためです。

塗らないとね飛びます。

Kazue
Kazue
私、毎回指摘されるんですけど、忘れちゃうんですよね。

引き球と押し球のコツ(動画)

分かりやすい動画があるので紹介します。

練習メニューが増えた

いま、私が練習しているのは、

  1. まっすぐ撞くこと
  2. 的球をポケットに落とすこと

の2つです。

その中に、引き球と押し球のアレンジが加わりました。

Kazue
Kazue
どんどん増えてく

忘れそうで怖いから、なるべくコンスタンスにビリヤードの練習をするようにしています。

先生は大丈夫だよって言ってくれたけれど、あまり自信がないから当分はビリヤード通いは続きそうです。

それでは!

Photo credit: kennethkonica on Visualhunt / CC BY-ND

ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! 週4~5日のペースでビリヤード場に通うほど熱中しています。レッスンを受けながら、反復練習をがんばっています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。