観戦マニュアル

ビリヤードの観戦マナーを知ろう!~0から説明します~

ビリヤード観戦マニュアル

ビリヤードしているところを見て見たい!と思ったことはありませんか?

ビリヤードがどんなものかちょっとだけ様子が分かるといいな…と思っても、どこでどのような形で観戦できるのかわからないとなかなか行きにくいですよね。
実は最近は、ビリヤードを観戦がメインのビリヤード”見る専女子”もいるんですよ!

ビリヤードは毎月のように公式試合が開催されていますが、1人で観戦しに行くことの心理的なハードルが高いですよね。ビリヤードの観戦マナー・ルールなどをまとめてみました。ぜひ観戦前にチェックしてみてくださいね。

観戦ルール

ポイント
  1. 試合中の写真撮影禁止
  2. 試合中の選手に声をかけない
  3. 観戦エリアで観戦する

試合中の写真撮影禁止

試合中はメディア以外の写真撮影は禁止です。
どうしても撮影をしなければならない理由があるときは、JPBAに撮影依頼をし許可をもらいましょう。

試合以外の場では、選手(プレイヤー)と写真撮影をしても問題ありません。
ただし隠し撮りはNGです。必ず撮影したい方に一言、声をかけるようにしましょう。

また、選手(プレイヤー)のプレイに支障がでないように、試合開始直前などは避けるようにしましょう。

撮影時には当たり前のことですが、むやみやたらにボディタッチをしないようにしましょう。
ポーズについては相談してもいいかもしれないですね♪

※メディアとは、BilliardDays・ビリヲカ・CUESといったところのことです。

ビリヤード観戦マニュアル
試合中の写真撮影はNG!なら、どこで写真が撮れる? 試合中はメディア以外の写真撮影は禁止です。どうしても撮影をしなければならない理由があるときは、JPBAに連絡し許可をもらいましょう。 ...

試合中の選手への声掛けNG

試合中に声をかける

試合中の選手に声をかけてはいけません。あなたが声をかけたことによって、「試合中にアドバイスを受けた」と判断されファールをとられてしまう可能性があります。
NBAルールブック 第8章 第1条 第1項

試合会場によっては競技者(プレイヤー)と近い場合があり、わかりにくいこともありますが、基本的にテーブルの近くにいたら競技がはじまっているかもしれないと考えたほうがいいでしょう。

また、アドバイスになるようなことを選手(プレイヤー)に聞こえるような位置で話すのもやめましょう。上記の理由により、選手(プレイヤー)がファールをとられてしまう可能性があるからです。

観戦エリアで観戦する

会場によって椅子が用意されていることもあれば、立ち見の場合もあります。
はじめていくお店では、あらかじめスタッフに確認したほうが安心です。店員や試合運営の方などに聞けばOK。(会場により観戦スペースが分かりにくいケースもあります。)

チケット制(指定席)でない限りは観戦エリアの中ならばどこから観戦しても自由です。移動も自由にできるので、観戦したい選手(プレイヤー)が見える位置に移動しましょう。

また、もしプレイしている方のファンや見たいという方がいたら、見やすい位置は適宜譲り合うのもマナーですね!

ビリヤード観戦マナー

ポイント
  1. 大きい声で話さない
  2. 選手がシュートする時は動かず静かにする
  3. 良いプレイをしたら拍手をする
  4. 応援している選手の対戦相手がミスしたときに拍手しない

大きい声で話さない

ビリヤードは繊細なスポーツで高い集中力が求められます。
目の前のテーブルでは試合が終わっているかもしれませんが、周辺のテーブルでは試合が行われていることもよくあります。
話す時は、あまり大きな声をださないようにしましょう。

選手がシュートする時は動かず静かにする

選手(プレイヤー)がシュートするときに、あなたが選手の視界の中に入る位置で観戦しているなら動かないようにしましょう。
また視線は少しそらすようにしましょう。もちろん物音をたてないように気をつけましょう。

プレイする人でないと分かりにくいのですが、ビリヤードは1mmズレただけでも球の転がる方向が変わります。集中しているときに動いているものが視界に入ると、それだけで集中力を欠いてしまうことがあります。
※個人差や当日の体調、コンディションにもよります。

良いプレイをしたら拍手をしよう

もし難しいボールをシュートするなど良いプレイをしたら、拍手をしてみましょう。観戦中は、歓声があがることもあります。
(ビリヤードでは手で拍手をすることもあれば、足をパンパンと叩くこともあります)

必須ではありません。私もよくわからないことの方が多いので、周りの拍手や歓声を聞いて今のは良いプレイだったんだなと知ることの方が多いです。

応援してる対戦相手のミスに拍手をしない

応援している選手(プレイヤー)の対戦相手ががミスをしても拍手をしてはいけません。静かに見守りましょう。

試合観戦の方法まとめ

入退場自由・観戦料は試合による

基本的に入退場自由です。
試合のフォーマットや流れによって1試合にかかる時間はまちまちです。
トーナメント表を事前に確認できるので、見学したい選手(プレイヤー)が何時ごろから試合なのか確認しておくとよいですね。

試合によって、予選は無料・決勝は有料の場合も、予選から有料の場合もあります。チケットは1500円位~5000円位と大会規模により変わります。複数の日程で開催される場合は、通し券もあります。

観戦するときの服装は?

かしこまった服装をする必要はありません。街へお出かけするような服装で大丈夫です。
カジュアルな服装の方が多いです。
ただし、ピンヒールのような靴は、カツカツっと大きい音がでてしまうので、避けたほうがいいかもしれません。会場によっては座る場所がなく、立ち見になることもあります。

サインをもらえるの?

写真と同様に、選手(プレイヤー)に声をかけると多くの場合サインがもらえると思います。キューケースやグローブなどなど、ビリヤードグッツに書いてもらっている方をよくみかけます。

観戦しやすい試合は?

毎月様々な試合が開催されますが、観戦しやすい試合はグランプリイースト。次に毎年7月頃に開催されるジャパンオープンです。グランプリイーストは、年間で8回開催され予選は無料、決勝は有料で観戦できます。

関西方面ですと全日本選手権がおすすめです。Burl&Grainさん&久保田プロ情報です。ありがとうございます。)

試合情報の確認はWebかFacebook

試合の日程は、日本プロポケットビリヤード連盟(JPBA)の公式サイトで確認することができます。試合の要綱や、組み合わせ、会場なども同Webから確認できますし、速報サイトOn the hill!から確認可能です。

※On the hill!は速報サイトで情報が一番早いので、FBやTwitterをフォローするのがおススメです。

観戦できる場所は?

ビリヤードはほとんどが既存のビリヤード会場で予選から決勝まで行われます。
関東圏ですと、下記のビリヤード場での開催が多いです。

  • BAGUS 六本木店(六本木)
  • ビリヤードロサ(池袋)
  • 自遊空間 アクティブ西浦和(西浦和)
  • プールカイザー(習志野)
  • CUE(渋谷)

まとめ

ここだけ抑えておけば大丈夫!ということをまとめてみました。
ビリヤードの見る専女子もしばしば見かけます。
是非一度、ビリヤード観戦をしてみてくださいね。

撮影/まるやゆういち
撮影アシスタント/かわもとえつこ
モデル/栄美津子YOMA
撮影地/BAGUS 新宿店

ABOUT ME
kazue
kazue
ビリヤードを2018年9月下旬にはじめたばかりの初心者です! レッスンを受けながら、反復練習中心に練習しています。 ビリヤードってなに? どこで遊べるの? どうやってビリヤードを覚えればいいの? という私が知りたかったことをベースに更新中です。 【お願い】初心者向けのレッスン・サークル・ビリヤード場など取材を行っています。是非、紹介してほしい! というかたは、ご連絡いただけますと幸いです。